s
いよいよ面接!質疑応答しっかりと! TOPへ戻る
0
面接の第一印象は入室3分以内で決まる
会社や企業との直接の接触は、相手に第一印象を与える瞬間となります。人というものは、相手の人柄を第一印象で決めてしまう場合が多いといわれています。面接も例外ではなく、応募者を見た瞬間、「明るく元気な人だな」や「この人、動作が鈍くて仕事できなそうだな」とかいよいよ面接「礼儀正しく誠実そうな人だな」や「この人は声が小さくて陰気そうだな」などなど、瞬時に様々な第一印象が決められてしまいます。人は見かけでは決してありませんが、このような場合では、服装や態度、話す声のトーンや表情など、その人の立ち居振る舞いを言います。
面接などにおける試験管の第一印象は、面接者が入室するところから始まり、椅子に座り、話すくらいまでの約3分で決まるといわれています。さらに、この第一印象は面接が終わるまで変化しないという確率が半数を占めているといわれます。これは、最初に面接官に良い第一印象を与えることができたら、最後まで面接者にとって有利に展開していくといえますが、もし悪い第一印象を与えてしまった場合は、挽回することが困難といえるでしょう。ちなみに、第一印象で評価される項目は、「人柄」「常識度」「意欲」「面接の合否」「頭の良さ」「向いている職種」が順番だといわれています。
したがって、第一印象は大変大事ですので損をすることだけは避けるよう万全を期して臨むべきです。
面接における服装
職種や業界で判断しない
いくら服装に関してラフな職種や業界だったとしても、もしかしたら取引先が金融関係などカタイ業種の場合があるなどの問題があります。したがって、面接時における服装はスーツが一般常識といえます。もし面接時の服装について事前に人事担当者から、「何でもいいですよ」と言われた場合は、オーソドックスな服装を選択し、個性的すぎる服装は避けるようにしましょう。
ワイシャツカラーについて
基本的には相手に清潔感とさわやかさを与える色でしたらどんなカラーでも良いでしょう。例えば、白、ライトグレー、ライトブルー、クリーム色など淡い色が好ましく感じるでしょう。柄ものであれば、派手にならないように注意しましょう。スーツの色を考えコーディネートも忘れずに。ワイシャツはアイロン掛けされたものを用意しましょう。
茶髪やヒゲはよいですか?
一般的になった茶髪とはいえ、変に明るすぎる茶髪はNGです。ただし、真っ黒に染め直すと不自然に黒くなりますので、相手に暗く重い印象を与えてしまいます。基本的には極端に明るい色を避ける様にし、自分が応募する業種に合わせた想定の範囲内で判断すると良いでしょう。
ひげについてはNGなところが多いようです。やはり見た目の清潔感が感じられないというマイナス面が働いてしまうようです。
靴について
面接官は意外と靴に目がいくようです。足元からきちんとした身だしなみができているかどうかをチェックするようです。面接においては基本的に黒などの革靴を履きます。男性はローファー、女性はミュールやブーツなどのカジュアルシューズは避けるようにしましょう。また、極端に汚れていたり、かかとが磨り減っていたりすると結構目立ちます。気配りのできない人とレッテル貼りされかねないので、普段からの手入れは欠かさないようにしましょう。
アクセサリーについて
女性でしたら、目立たないシンプルなデザインのものでしたら良いです。しかし派手なものはNGになります。また、男性のピアスはNGです。マニキュアについてですが、透明のものや薄い色のものでしたら好印象を与えますが、長い爪、ネールアート、つけ爪などはカジュアルな印象を与えてしまうのでやめましょう。
服装はなにより清潔感が大事です
「ラフな服装でいいですよ」「髪型や服装は自由ですよ」という人事担当者でも、清潔感があるかどうかは気にしています。そして、「自分に似合う服装、自分らしいスタイルである服装」が最善なのではないでしょうか。
リクルートスーツ選び
「リクルートスーツ」の選び方から好感度をあげるメイクの仕方まで、男性と女性にわけて詳しく解説!
→リクルートスーツ選びへ
面接時のマナー
訪問時の注意点
面接直前チェックリスト
履歴書や職務経歴書に記載した内容をよく確認しましょう。
聞きたいことやアピールしたいことは事前にまとめておきましょう。
面接を受ける会社の情報はHPやパンフレット等で事前に調べましょう。
面接場所までの所要時間や地図を事前に確認しましょう。
服装や身だしなみは面接にふさわしいものですか?
携帯電話の電源は面接の前に切っておきましょう。
アポイント無しの突然の訪問は常識はずれです。また、平気で連絡無しに遅刻することは言語道断です。どうしても遅れるのでしたら必ず電話で連絡しましょう。もちろん、自分が面接する会社の住所と電話番号を事前に用意しておくのが常識です。逆に早く行き過ぎるのも問題です。訪問に関しては「時間の10分前」くらいがベストです。
タバコの喫煙は面接前にはやめましょう。タバコのにおいは衣服などに染み付いてしまい、ニオイが不快に思う面接官も中にはいらっしゃいます。
受付などでは、きちんと自分の名を名乗り、訪問の目的を告げ、担当者の名を指定し、取り次いでもらいましょう。
待ち時間における待機法
待機場所として決められたところから動かないようにし、トイレに行くときは社内の人に一声掛けるようにしましょう。またお茶などを頂いたら、御礼を忘れずにしましょう。横柄な態度は結局自分が損をすることになります。携帯電話での通話やメールはNGです。面接会場に着いたら、携帯電話の電源を切るように心掛けましょう。
入室や退室時の注意点
面接部屋に入室の際は必ずノックをします。大きな音を立てないようにし、軽く2、3回程度ノックしましょう。そして、中から「どうぞ」という声が聞こえるまで勝手に開けて入らないようにし、ドアの開閉をゆっくり静かに行いましょう。用意されている椅子に座る場合は、軽い自己紹介をし、「お座りください」など言われるまで勝手に座ることは避けましょう。面接は、入室する瞬間から始まっています。どこで評価に響くかわかりませんので、最初から気を抜くことなくしっかり対応しましょう。また退室時はお礼の挨拶のすることを忘れないようにしましょう。会社から出るまでは面接は終わっていません。緊張感から開放されてボロを出さぬよう注意しましょう。
自己PRのうまくいく方法は?書類選考に選ばれるためには?筆記試験の対策いよいよ面接入社試験の変化|
次へ