書類選考で選ばれるためにはどうすればいいの? TOPへ戻る
0
履歴書の記入法
履歴書は、人事担当者にとって、応募者であるあなたが、どんな人か知るための唯一の情報源であります。履歴書とは、あなたの人柄、魅力、経歴、職歴などを、相手に紹介するツールであり、採用においては最初の大切なプレゼンテーションになります。人事担当者は、履歴書からあなたがどのような人か知りたいと思っています。形式がかった記入法ではなく、応募動機や希望記入欄には、溢れた表現の使用をなるべく避け、自分の素直な気持ちを言葉で表現することが大切です。
履歴書はPCなどの印刷を使わず、丁寧に手書きで行いましょう
人事担当者は機械式の似たり寄ったりのワープロ文字で印刷されたもので記入されたものを読むより、応募者の手で書かれた文字を読むことから、人柄に触れようとします。ここで担当者は、応募者がどれほど真剣に取り組み、真面目に記入したかを読み取ろうとします。手書きにおけるポイントは、文字が上手・下手よりも、大切なのは丁寧に書いているかどうかになります。手書きは意外と手間と時間が掛かり大変かと思いますが、人事担当者の目を引きますので、丁寧に手書きしましょう。
応募先にあわせた記入を心掛けよう
たくさんの企業や会社に履歴書を送付しておりますと、記入内容が同じになりがちに陥ってしまいます。しかし、企業や会社が違うので、もちろん履歴書を読む人事担当者も違ってきます。企業や会社が求めている人材は、それぞれ違いますので、それを考慮しますと自然と記入内容が変わってくると思います。求人広告には、その旨の情報が記載されていますので(例えば応募資格や募集職種など)、応募先の企業や会社が一体どのような人材を求めているのかを読み取り、履歴書を記入してみましょう。
自己分析から記入すべき内容を吟味し整理しましょう
履歴書の書き方のコツ企業や会社が選考する方法として、大部分を書類選考で落としてしまいます。まず書類選考に落とされないようにするためにも、自分の経歴や実績を箇条書きにし、その内容を吟味して整理し、自分という商品の価値を再確認してみましょう。こうすることで自分を売り込むべき内容が見えてきますので、より自分に近い明確な内容で履歴書を充実させることができると思います。充実した内容の履歴書は、担当者にとっても魅力的に感じられますので、良い結果が得られることでしょう。
誤字や脱字は駄目、修正液も使用不可です
誤字・脱字のある履歴書は、応募者の真剣さや意欲、熱意を損なってしまいます。履歴書は丁寧に書くことが前提ですので、このようなだらしなさは、担当者にマイナスな印象を与えてしまいます。また、注意力に欠けていると思われてしまうでしょう。修正液による文字の訂正も同じように、印象を悪く与えてしまいます。不誠実で横着者と思われてしまうでしょう。したがって、履歴書の記入でミスをしてしまいましたら、素直に別の新しい用紙を用意し、再度記入しましょう。
プロフィール写真は専門店で撮りましょう
プロフィール写真
プロフィール写真 ●3か月以内に撮影した写真を使用しましょう。
●きちんとした服装で、胸から上が写っているものを使用しましょう。
最近はデジカメの普及により手軽に自分の写真を作成できるようになりましたが、そのような写真を履歴書で使用するのはNGです。スピード写真も同様です。担当者が応募されてきた履歴書を読むとき、まず目が行きますのは、このプロフィール写真です。写真からその人物を知ろうとします。したがって、綺麗で質の良い写真のほうが人物もよく映っていますので、有利になるといえるでしょう。また、写真の貼り付けはしっかり行っていただきたいのですが、万が一はがれてしまう事も考慮して、写真の裏には名前を記入しておくとよいでしょう。
履歴書は空欄無しで記入しましょう
履歴書に空欄が多いと担当者の印象があまりよくありません。どうしても記入すべき言葉が見つからない場合は、違う方向からアプローチしてみましょう。固定観念にとらわれず、柔軟な発想を心掛ければ、自ずと言葉が見つかるはずです。こういった真剣さは必ず相手にも伝わりますので、空欄は避けるように心かげましょう。
履歴書の複製は忘れずにしましょう
履歴書を記入し、企業や会社に送付しますと面接の時、履歴書に何を記入したのか忘れてしまう場合があります。特に数社などまたがって応募していますと、会社ごとに履歴書の内容を覚えるとこは困難といえるでしょう。したがって、履歴書が完成しましたら、コピーをとり、面接前に確認し万全を期して面接に臨みましょう。
自己PRのうまくいく方法は?書類選考に選ばれるためには?筆記試験の対策いよいよ面接入社試験の変化|
次へ